歯磨きのノウハウに確信はあります?歯磨きは

歯磨き剤は必要性を感じないと言っている歯医者の方が多いので、最低限、不十分な知識で決めつけるのは良くないです。

フッ素入りの歯磨き粉を我が子に用いるのは危険かも、と気を揉む親が多くいます。

理由なのですが、フッ素を大量に取り込むと、斑状歯や骨硬化症などの病変が出るかもしれないから、ということです。

フッ素は、常識を大幅に超える大量のフッ化物を含有している飲料を飲めば、歯の状態に悪影響が出る危険性があるのは、歯科医の統一見解です。

ですから、言い換えれば、歯磨き粉から摂取するくらいの量だとしたら、あんまり心配する必要性はないというのが歯科医の常識ですから気にしないで大丈夫です。

反対に、フッ素を使っているということが理由で、つい厳しくしないでしまい、おやつに糖質の多いものを多めに与えてしまう方が問題があります。

歯を白くしたいと思っている人が活用する手段の1つがホワイトニングです。

ホワイトニングはプロにやってもらうという方法というのが基本と言えば基本ですが、奥さんにやってもらうホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、マウスピースを患者の口に合わせて製作し、その中にホワイトニングのための薬剤を入れたものを2日に1度、3時間くらいはめ続けることで行います。

ホワイトニングはふつう、2週間もあれば白くなったと感じるのが普通ですが、しっかりマウスピースをはめていなかったり、面倒でさぼったりすれば、結果が出なくても誰も責められません。

ホワイトニングで得られる歯の白さの水準は期待を超える場合が多いですが、東幹久みたいな異常なほど白くなることはあまり期待しない方がいいでしょう。
みんなの介護

なお、使用する薬剤は健康への悪影響はありませんが、アレルギーを持っているような人の場合は心配なので、開始前に歯科医師に伝えないと責任転嫁できません。

糖尿病と歯周病は普通に考えれば何のつながりもありませんが、両者はとてもつながりがあるのです。

糖尿病に罹患すると体の抵抗力が落ちますので、口腔内にいる細菌に歯周組織がたやすく感染し、その結果として歯周病にもなりやすくなってしまうのです。

また、糖尿病の患者は唾液の分泌量が減るので、口腔内をアルカリ性に保ちにくいので、虫歯になりやすいというわけです。

糖尿病と診断されている歯周病患者を治療することで、血糖値が健康な人と同じくらいになることがあるので、これが理由となって歯周病が糖尿病の症状にも作用しているのではないかと考えられているのです。