寝る直前は歯磨きによって歯石をちゃんと清掃することが不可欠ですが

フッ素は、一定の量を超すような異常なフッ化物を含有している飲み物を飲めば、健康に悪い効果が生じる危険性があるのは、世界での共通認識です。

つまり、換言すると、歯磨きから取り入れるくらいの量なら、あんまり気にする必要はないというのが歯科医の常識ですから問題ありません。

反対に、フッ素を使用しているということが理由で、ついつい油断してしまい、おやつに甘みのあるものをたっぷり与えてしまう方が問題です。

歯科で定期的に検診を受けるのは、歯の健康を維持する上できわめて重要です。

その理由ですが、虫歯になりたての時は痛みがほとんどないため、遅れると治療にお金がかかるからというのが理由です。

また、ブラッシングや歯間ブラシで歯石を完全に取り除くことは難しいので、定期的に歯科検診を受ける必要があるのですが、このことを知っている人は4割もいないようです。

初診の歯科では、歯の周りのレントゲンを撮ることが多いのですが、これは触診だと十分に分からない体の内部の状態を把握するために行っているのです。

定期的に検診を受けるのは面倒に感じるかもしれませんが、虫歯の治療をせずに歯に穴が開いてしまい、インプラントなどを利用するよりはずっとマシです。

定期検診は思い出した時には必ず受け、通い慣れた歯医者を作ってカルテを保存しておいてもらい、歯の健康管理をしてもらいましょう。

糖尿病と歯周病は普通に考えれば全く関連性がありませんが、本当はかなり関わりがあるのです。

糖尿病になると体の抵抗力が落ちますので、歯周組織が口の中にいる細菌に感染しやすくなり、その結果、歯周病にもなるというメカニズムです。
パートナーエージェント

また、糖尿病の患者は唾液が普通の人よりも少ないので、口の中がアルカリ性になるのが遅く、虫歯や歯周病を引き起こしやすいわけです。

糖尿持ちの歯周病患者に治療をすると、血糖値が改善することがありますので、これが理由となって歯周病が糖尿病悪化の原因ではないかと想像できます。

血糖値が高くても自覚症状がありませんので、糖尿病にかかっているということに気付けない人がほとんどですが、虫歯の治療がきっかけでもしかしたら糖尿かもと知ることができるのです。

糖尿病だけでなく、口腔内の健康は体全体の健康に密接なつながりがあるという話もあるくらいですから、歯磨きは時間をかけて行うようにしましょう。

ハミガキはブラッシングに加えて、デンタルフロスや歯間ブラシ合わせて使うことが大事です。