月別アーカイブ: 2017年1月

糖尿病になると体の抵抗力が低下するので

糖尿病を持つ歯周病の患者に治療をすると、血糖値が正常値に近づくことがあるので、これが理由となって歯周病が糖尿病の症状にも作用しているのではないかと考えられているのです。

血糖値が高くても自分では分かりませんので、まさか自分が糖尿病だと自覚していない患者が多数なのですが、歯周病と診断されたことで血糖値が高いことに気付くことがあるわけです。

糖尿病に限った話ではなく、口の中の健康は全身の健康状態に密接なつながりがあるという話もありますので、歯磨きは時間をかけて行うようにしましょう。

歯周病とは、歯石の細菌がもとになって歯に炎症が起き、歯の骨が溶けてしまう疾患で、歯周病がもとで歯を失うことにもつながります。

産まれたての赤ちゃんを除けば、口腔内には300種類~450種類の細菌が棲みついているのですが、これらが固まると歯石となり、歯石は歯肉の炎症へと移行するのです。

歯周病の原因は口腔ケアが不十分なこと以外にもたくさんあり、歯ぎしりのクセ、喫煙、食生活の偏り、骨粗鬆症、ストレスの高い生活、薬の長期服用などがあります。

歯周病は医師の努力で進行を遅らせることもできるようになってきましたが、やはり完治させることはできないので、基本的には自力で防ぐことが大事です。

そのため、虫歯にしても歯周病にしても、まずは歯磨きをちゃんとしないことには防げませんので、歯医者さんに正しい歯磨きを教えてもらい、絶対にかかる前に予防できるよう頑張りましょう。

フッ素が入った歯磨きを子どもに用いるのは危ないのでは、と考える親がいるそうです。

その理由は、フッ素を標準より多く取り込むと、斑状歯やフッ素中毒などの病態が出るかもしれないので、らしいです。

フッ素は、標準量を超える異常なフッ化物を含有している飲料を飲めば、歯に悪影響が出る危険性があるのは、海外でも周知事項です。

しかし、換言すると、歯磨き粉から取り込むくらいの量であるならば、過剰に気を揉む必要はないというのが定説ですので気にしないでいいですよ。

逆に、フッ素を使用しているということが言い訳になり、ついつい甘くなってしまい、食事に甘みのあるものをたっぷり食べさせてしまう方が問題があります。

インプラントとは、簡単に言えば入れ歯。
クリアネオ
虫歯や怪我が原因で歯が欠けたところに人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を乗せるイメージです。

インプラントは保険が効かないので治療費が高く、1本ごとの値段は30万円~40万円になるのも珍しくありません。